ピコレーザー/ピコフラクショナル治療

特徴

ピコウェイとは?

ピコウェイとは?
ピコウェイは、最新型3波長レーザーを搭載しており、より幅広い皮膚タイプの皮膚良性色素性病変(シミ、ソバカス、黒子、太田母斑)にも効果的です。
ピコ秒発振のパルスを生成し、シミや肝斑をはじめとする、様々な色素に対して効果を発揮します。
刺青・タトゥーを効果的で安全に、早く治療することができる最新機器です。

厚生労働省より刺青除去を目的とした薬事承認を得られたピコウェイは、アメリカのレーザー機器最大手Syneron-Candela社製(シネロン・キャンデラ)です。2019年4月に国内初のクラス3レーザー機器として刺青除去を目的とした使用を認可され、色素性病変の治療を目的とした薬事承認も同時に取得している国内唯一の機械です。
その他にもCEマーク(商品がすべてのEU (欧州連合) 加盟国の基準を満たすものに付けられる基準適合マーク)を取得しており、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けております。

このような方におすすめ

このような方におすすめです!
  • 目立つシミがある
  • 炎症後色素沈着が心配
  • 痛みが少ない治療が良い
  • 短期間でできるだけ早く薄くしたい

ピコウェイの特徴

3種類の波長

3種類の波長

ハンドピースについて

ハンドピースについて
532nm(KTP Nd:YAGレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー)の2つの波長により、狙ったターゲットに最適な波長を使い分けることで、肌の浅い層(シミ・そばかす等)から、深い層(あざ・ホクロ・アトピー性皮膚炎のダーティーネック)まで幅広い治療が可能です。

治療の種類

ピコトーニング照射

ピコトーニング照射

ピコレーザーによる低出力全体照射。低出力で照射することで、今まで高出力レーザーでは悪化してしまっていた肝斑を徐々に薄くしていくことが可能です。細かく砕かれたメラニンは、マクロファージと呼ばれる細胞により排除されていきます。「ナノ秒」レーザーよりも細かい粒子状にメラニンを砕くことができるため、マクロファージにより排除しやすくなります。また、くすみも改善し、顔全体の色調がトーンアップされ、高いブライトニング効果があります。
肝斑、広範囲の薄い色素沈着、くすみなどの治療に適しています。

効果

・肝斑
・広範囲の薄い色素沈着
・くすみ
・肌の色調改善

ピコフュージョン

PICOフュージョン(PICOWAY)は、ダウンタイムが少なく、色むらやシミ、小ジワの治療ができる最新のレーザーです。レーザー照射により皮膚表面を傷つけることなく皮内から皮下組織内に無数の空洞を形成することでコラーゲンを生成し肌質改善させます。またシミに反応しやすい532nmの波長で照射することにより表在性色素斑・雀卵斑改善・色ムラ改善などの効果が期待できます。トーニングなど様々な照射方法と組み合わせて行うことによりトータル的な美肌治療が行えます。

効果

・色調・色ムラ改善
・表在性色素斑・雀卵斑改善
・ハリ・つや
・毛穴の開き改善

ピコフラクショナル照射

こんなお悩みの方に

・毛穴や凹凸、ニキビ跡が気になる方
・肌全体をキメの整った肌へ導きたい
・小ジワを改善したい
・従来のフラクショナルレーザーが苦手

従来のフラクショナルレーザー(エコ2レーザー)との違い

ニキビ跡、小ジワ、毛穴など肌表面の凹凸を改善する治療の中で最も効果が高い治療がフラクショナルレーザー(エコ2レーザー)です。
フラクショナルレーザー(エコ2レーザー)は炭酸ガス(CO2)レーザーが主流でした。
CO2レーザーによるフラクショナルレーザーは肌の表面に細かいドット状の穴をあけることで肌のターンオーバーを促す治療として有名です。
そのため点状出血、肌のざらつき、強い赤みなどが起こりやすく、5〜10日程度のダウンタイムが生じます。
また強い炎症が起こり、炎症性色素沈着を起こしてしまうケースもありました。

しかし、ピコ秒レーザーであるピコレーザーは、従来のレーザーのナノ秒よりもはるかに短いパルス幅(1回の照射時間)で照射することができるため熱作用が少なく、炎症や色素沈着を起こしにくい安全性の高い治療といえます。

これらの要素が合わさった結果、肌への負担を最小限に抑えながら高い効果が期待できます。
治療回数は2~4週の間隔を開けて5~10回ほどを目安としています。

ピコフラクショナル照射の特徴

フラクショナル用ハンドピース(ピコフラクショナル)に切り替え、ピコレーザーを点状に照射。
メラニンを減らし、コラーゲン増生&肌の再生を促すので、美白、毛穴の引き締め、ちりめんジワの改善、ニキビ跡の改善により肌質を高めます。

美白治療をメインで希望の方には、目立つシミには部分照射設定で強めに照射し、顔全体にはトーニング照射を行うと、薄いシミや色むらから濃いシミまで消すことができます。
肌質改善、若返り目的には、顔全体にフラクショナル照射でハリを高め、表面的な色調はピコトーニング照射でより均一に明るく整えるなど、複数の照射方式を組み合わせるコンビネーション治療が可能です。
ピコ部分照射(スポット照射)

日光性色素斑(しみ)、ソバカス、唇のシミ、あざ(遅発性両側性太田母斑:ADM)などの気になる部分をスポットで照射します。
このレーザーは光治療では難しい薄いシミにも対応します。375ピコ秒と極短い照射時間で、熱がほとんど発生しないため、Qスイッチレーザーよりも痛みや皮膚へのダメージ、ダウンタイムが軽くなります。
また、ピコレーザーのメラニン除去メカニズムは、光熱ではなく衝撃波によるものなので、周囲の細胞が傷つきにくく、狙ったメラニン色素だけを正確に破壊することができます。
そのため、照射後のカサブタは薄くて剥がれやすい特長があります。

症例写真


左:施術前
右:2週間経過、4回施術後

左:施術前
右:6ヵ月後経過、スポット3回照射後

リスク・副作用・ダウンタイムについて

施術後の経過・リスク・注意点

・照射直後は皮膚が赤みを帯びたり、熱を持ったり、水疱ができたりする場合がございます。
・照射後の皮膚は紫外線や擦れなどの外的刺激に大変敏感になっています。保湿を心がけ、なるべく刺激を与えないように注意して下さい。
・施術後一時的に施術箇所が黒くなる場合がございますが、経過途中の症状ですので問題ございません。
・照射後かさぶたができた場合1~2週間後に自然に剥れはじめますので、無理にはがさないでください。
・施術後に赤みがある場合は軟膏をお塗り下さい。
・赤みや痛みが3日以上ひかない場合は、必ず当院にて受診をお願いしております。お薬を処方します。
・美白内服及び、美白に特化したドクターズコスメの併用をお勧め致します。

注意事項

日焼け後または翌日に日焼けする可能性のある方、ペースメーカーを使用中の方、治療部位に金属プレートが入っている方、治療部位に感染症や重度の皮膚疾患がある方、糖尿病・悪性腫瘍・心疾患・出血性疾患の方、妊娠・授乳されている方、ケロイド体質の方などの持病がある方は施術を受けられない場合があります。 服用中のお薬がある方は注意が必要です。事前にご相談下さい。 (抗うつ剤・利尿剤なども含む) また、他の施術と同時希望される方、前後2週間以内に他の治療を受けられる場合はご相談ください。

料金・費用

ピコ美白肝班 トーニング+エレクトロポレーション(ビタミンC+トラネキサム酸)

顔全体
初回 19,200円
1回 35,500円
5回 通常価格 177,500円
→ 139,100円
10回 通常価格 355,000円
→ 255,200円
両頬・首・手の甲
初回 13,900円
1回 26,000円
5回 通常価格 130,000円
→ 103,500円
10回 通常価格 260,000円
→ 191,000円

(二の腕・背中上・下)は2回分の料金でお受けできます。

オプション ピコフラクショナル 1回 25,000円
オプション フュージョン 1回 25,000円

ピコフラクショナル/フュージョン

1回 48,300円
5回 通常価格 241,500円
→ 168,000円
10回 通常価格483,000円
→ 308,700円

ピコスポット【シミ取り】

しみ1㎠まで 5,000円
しみ1㎠~2㎠まで 10,000円
しみ2㎠~3㎠まで 20,000円
しみ3㎠~4㎠まで 30,000円
しみ4㎠~9㎠まで 40,000円
KOSHOクリニック外観
KOSHOクリニック
住 所: 〒662-0051 兵庫県西宮市羽衣町5-13
ワジュール夙川ビル1・2・3F
電 話: 0798-22-4466
受付時間:9:30~19:00
最寄駅: ワジュール夙川( しゅくがわ) ビル
阪急夙川駅から西へ徒歩3分
駐車場:提携パーキングあり
KOSHOクリニック 取扱いクジレットカード

● 各種クレジットカードがご利用頂けます。
● 業界最低金利医療ローンも提携しております。

予約
診療
診療時間 日祝
休診
9:30~19:00
(最終受付)
外来
診療
診療時間 日祝
休診
9:30~12:00
(最終受付)
×
16:30~18:00
(最終受付)

●当日予約もお電話にて承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

CONTACT
お問い合わせ

無料カウンセリング実施中!!
ご予約、ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから
0798-22-4466
受付時間:9:30~19:00