まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

医療アートメイク

医療アートメイク,眉,アイライン
アイライン,眉,悩み
・化粧をしないと外出できない
・眉やアイラインがうまく描けない
・汗をかく機会が多く化粧崩れしやすい
忙しい朝の化粧時間を短縮したい
・スイミングやスポーツなどで化粧が落ちやすい
眉がうすくなってきた
化粧の手間を省きたい
・メイク時間を短縮したい
・素顔に自信が持てない


医療アートメイク,眉,アイライン


医療アートメイクの特徴

アイライン,眉,悩み

医療アートメイクとは医療機関で行うアートメイク施術です。アートメイク専門のサロン等も数多く存在しますが、本来アートメイクは医療機関でのみ行える施術です。
医療アートメイクは水や汗でも落ちないメイク法でお化粧くずれを心配することがなく、自然な素顔でいられます。また、毎朝のメイクの時間を短縮できます。

アイライン,眉,悩み

アートメイクは施術に針を皮膚に刺して色素を注入するので、立派な医療行為と位置づけられ、医師免許を持たない人が施術した場合医師法第17条に違反となります。
もちろん、アートメイクよりも深くに針を刺すタトゥーも元来医師免許が必要なのですが、そのほとんどが無免許で行われているのです。


アイライン,眉,悩み

エステサロンなどでもアートメイクを受け付けているところがありますが施術部分が施術後、炎症・化膿したケースや、アイラインのアートメイクで角膜を傷つけてしまったといったケースなど 最近この様な無免許でのアートメイクによる施術での被害の報告が増えています。

従来の入れ墨よりも彫る深さが浅く数年で薄くなっていくとはいえ、皮膚に針を使って色素を入れるという意味ではアートメイクも立派な入れ墨であり、医療行為なのです。
ましてや腕や背中よりも皮膚の薄い顔へ針を打ち込むわけですから被害が拡大しているようです。また、アートメイクもりっぱな入れ墨であるため、2~3年で薄くなっていきますが、完全に消すにはレーザーを使用する必要があります。

メイクが楽にはなりますがアートメイクをいれるのであれば、サロンで施術するのではなく、クリニックで施術を行う医療アートメイクをオススメいたします。


『医療アートメイク』について当院院長が、よみうりテレビ「関西情報ネットten.」に出演

先日、よみうりテレビの情報番組「関西情報ネットten.」にて、“医療アートメイク”をめぐる問題について特集がされました。その中で、当院院長・木下孝昭が、コメント出演をさせていただきました。

media01

針などを使って人の皮膚に色素を入れるアートメイク。刺青の一種とされていて、一度施術をすると、数年は消えません。化粧しなくても華やかな顔立ちが保てるため、女性の間で人気が高まっています。

『そんな中で、無免許で客にアートメイクやエクステンションの施術を行ったなどとして、京都府内の12のエステサロンなどが摘発されるということがありました。医師以外による「アートメイク」施術は、違法行為となるのです。』

木下院長コメント:

media02

皮膚に針によって傷をつけて色素を注入すると、その時点で医療行為になります。
当院では必ず麻酔をさせていただいて、痛みはほぼない状態で施術をしますが、例えばサロンなどでは、麻酔をすること自体が難しいと考えられます。
アイラインに関しても、そのままで針を刺すと非常に痛みを伴いますので、その痛みで身体を動かされた瞬間に、その針によって眼球を傷つけたり…などというリスクがあります。

media03

アートメイクによる健康被害の多くは施術が認められていないエステサロンで起きていると見られ、今回警察が一斉摘発に踏み切りました。
皮膚に針を刺すアートメイクは医療行為と位置付けられています。
そのため国は、医師と医師の指示を受けた看護師だけに施術を許可しています。

このように、気軽さ、手軽さだけをうたった業者にて施術を受け、その後健康被害に悩まれる方も少なくありません。
当然ながら、医療機関であるKOSHOクリニックでは、術前の綿密なカウンセリング、麻酔、施術、そしてアフターケアと、万全の体制で、アートメイクをご希望の患者様・お客様に対応させていただいております。


ミラドライ,問い合せ,電話番号

 

医療アートメイク治療の流れ

1.カウンセリング

患者様のご要望を聞きながら、普段のメイクの様子や表情、筋肉の動きなどを細かく分析し、一人ひとりに最適なデザインをしていきます。ここでのカウンセリングが重要になります。施術からご自宅でのアフターケア方法まで詳しくご説明致します。

2.デザイン

実際に患者様のお顔にデザインをしていきます。鏡で一緒に確認をしてご相談をしながら形を決めていきます。

3.麻酔クリーム

クリームタイプの局所麻酔を使用します。麻酔が浸透するまで30分ほどお待ちいただきます。麻酔クリームを塗ることで、針の痛みを和らげることができます。使用する麻酔の量は少量ですので、お身体に影響を及ぼすことはありません。
(※ご希望の方には笑気ガスや局所麻酔もご用意しております)

4.施術_1回目

表皮から0.02~0.03mmの部分に、米国FDAで認可された安全な色素を針で着色していきます。使用機材の衛生管理を徹底し、医師による施術を行っています。

3.施術_2回目

1度の施術では、十分に色素が入らない可能性が高いため、当院では3ヶ月以内に2回の施術を行っています。2回目は、初回の施術から2週間経っていれば施術可能です(3ヶ月以内)。

5.アフターケア

施術終了後の注意事項とアフターケアについてのご説明をしております。

 

症例(眉)

医療アートメイク,眉,アイライン

 

医療アートメイク,眉,アイライン

 

施術料金

・麻酔代・外用薬・診察代すべて込み
・全て減菌済の器具・または使い捨ての針を使用します。
・所要時間30分~1時間

 

1回 30,000円
3回セット 90,000円 →
キャンペーン価格: 72,000円
アイライン(上) 1回 31,000円
2回セット 62,000円 →
キャンペーン価格: 49,600円
アイライン(下) 1回 1回 30,000円
2回セット 60,000円 →
キャンペーン価格: 48,000円
アイライン(上下セット) 2回セット 122,000円 →
キャンペーン価格: 97,600円

※通院回数:2・3回にわけて2週間おきに入れていきます。

※制限事項:特になし、当日メイクをして帰れます。

※薬代等すべて上記に含まれます。 ※料金はすべて税抜表示になっております。 ※カウンセリングは無料です。

未成年者同意書院内モニターさん募集 

よくある質問

  • 医療アートメイクの施術時に痛みはありますか?
  • 個人差がありますが、麻酔クリームを塗布しますので痛みはほとんどありません。毛を抜くような感覚で、少しチクチクする程度とお考えください。
  • 一度施術をしたら永遠に消えませんか?
  • 医療アートメイクは刺青とは違いますので、除々に薄くなります。個人差がありますが、3~5年くらいで薄くなってきますので、年齢や流行によって色や形を変えることもできます。
  • 刺青(タトゥー)と医療アートメイクの違いは何ですか?
  • 刺青やタトゥーは、表皮の下の真皮まで直接着色していきますが、医療アートメイクは表皮から0.02~0.03mmのところへ色素(FDA認可)を着色します。また、医療アートメイクはナチュラル感を重視しているため、2~3回位に分けて少しずつ施術していきます。刺青やタトゥーのように永久に色素が残るわけではなく除々に退色していきます。
  • 施術時間はどのぐらいですか?
  • 眉、アイラインともに約30分~1時間くらいです。(施術部位などにより時間は異なります。)
  • 入浴や洗顔、お化粧はいつから出来ますか?
  • 入浴・洗顔は当日から可能ですが施術部位は石鹸を使わずにお水やぬるま湯で洗い流す程度にして下さい。
    メイクは施術部位以外はすぐにできます。施術部位は約1週間で通常のお化粧が可能です。
  • コンタクトでも大丈夫ですか?
  • アイライン・インライン・粘膜ラインの施術の際はなるべく外して頂くようお願いしております。(眼鏡・コンタクト保存ケースをお持ち下さい)
  • 敏感肌やアトピーがあっても医療アートメイクを受ける事は可能ですか?
  • はい、可能です。アレルギー反応など不安がある場合は、診察の際にご相談ください。
  • アートメイクを除去したくなった時に消してもらうこともできますか?
  • はい、可能です。アートメイクの除去も行っています。また、形を変えたくなった場合も、一部消して修正するということも可能です。

患者様の声

ずっとしたいと思いながらなかなか怖くてできませんでしたが、クリニックなので安心して受けられました。自分のイメージをゆっくり聞いていただけるのでよかったです。
麻酔クリームもしていただけて痛みも我慢ができました。
(宝塚市 40歳 女性 K・K様)
化粧が楽になり、すっぴんでも外に出て行けるようになりました。
アイラインは麻酔もしてくれるので痛みはなんとか耐えられました。
やってよかったです。
(神戸市 26歳 女性 I・R様)
未成年者同意書院内モニターさん募集お問合せは