お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 禁煙外来 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。 求人情報

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

AGA遺伝子検査

将来的な薄毛の可能性とAGA治療薬の効果を予測

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。

AGAアンサーチェックではこのアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析しAGAのリスクを予測します。

この検査でわかること

AGA遺伝子検査
1.AGA発症リスク
遺伝子レベルでAGA発症リスクを予測

2.フィナステリドの感受性
フィナステリドによる治療効果の予測

 

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGA「Androgenetic Alopecia」とは「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」とも呼ばれ、主に頭頂部の毛が薄くなったり生え際が後退していく進行性のある疾患で、成人の日本人男性に多く見られる脱毛タイプです。日本では薄毛に悩む人が1000万人以上いるといわれており、薄毛で悩む男性のほとんどがAGAであると考えられています。

circle

 

フィナステリドとは?

フィナステリドは、アメリカのメルク社により、前立腺肥大の治療薬として「プロスカー(フィナステリド5㎎)」の商品名で発売されました。

しかし、フィナステリドが男性型脱毛症(AGA)に効果があることが発見され、その後AGA薬としての研究を重ね、1997年12月にFDA(アメリカ食品医薬局)が「プロペシア(フィナステリド0.2㎎、1㎎)」を男性型脱毛症の治療薬として認可されます。日本では、2005年10月に厚生労働省に認可され、万有製薬により「プロペシア(フィナステリド0.2㎎、1㎎)」という商品名で発売されています。

フィナステリドの効果

AGAは遺伝や生活習慣などの要因により引き起こされる男性型脱毛症ですが、男性ホルモンであるDHT(ジヒドロステロン)の生成が主要な原因とされています。DHT(ジヒドロステロン)は男性ホルモンである15-α還元酵素テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)へ変換する酵素より作られており、髪の成長を妨げる原因物質といわれています。
フィナステリドは5α―還元酵素を阻害する作用があり、男性型脱毛症の原因物質であるDHTの生産を抑えることができることから効果があるといわれています。

フィナステリドの処方

フィナステリド(プロペシア)のみの処方は成人男性の男性型脱毛症(AGA)の進行を遅延させ、抑制する働きがあります(効果の表れには個人差があります)ので医師の元で内服薬として処方することが重要です。

 

AGA遺伝子検査のクリニックと自宅検査の比較表

クリニック 自宅
費用 18,000円 12,000円前後
検査でわかること AGA発症リスク、フィナステリドの感受性 AGA発症リスク、フィナステリドの感受性
申込方法 クリニックで申込 インターネットで注文
検査後のサポート 検査結果を元にAGAの進行度やフィナステリドによる治療効果の予測に基づいて、医師が診断し治療計画を相談できます 検査キットによっては1年間の薄毛対策サポートがある
メリット ・AGAを発症しているか正確に診断できる。
・治療方針を示し、治療薬を処方してくれる。
・遺伝子検査だけではなく、頭皮の状況を目で見て判断する。
・気軽に検査・診断が可能。病院での検査より安い。
・AGAになりやすい体質かどうかは判断してくれるので、自己診断の指標にはなる
デメリット AGA検査キットより値段が高い。
クリニックに通う手間がかかる
AGAが発症しているかどうかは正確に判断できない。

 

AGAと遺伝の関係性

いわゆる「薄毛は遺伝する」というのは正確な表現ではありません。 AGAの原因には遺伝的要素も大きいと考えるのが妥当なものの、これもやはり男性ホルモンなどのバランスが親から子へと遺伝するためであり、「薄毛が遺伝」しているわけではなく結果としてAGAを引き起こすよう因果が遺伝してしまっているに過ぎません。とはいっても母親が薄毛の場合は3/4の確率で、父親がAGAなどで薄毛の場合は1/2の確率で子供が薄毛になるというデータもあり、このデータからもAGAには遺伝的要素があることは明確なのかもしれません。

AGA遺伝子検査についてよくあるご質問

  • 検査結果は年齢によって変わるのですか?
  • 遺伝子検査結果の数値は、いつ検査を受けても同じ結果になります。ただし、AGA治療に関しては20歳以降の方にお勧めしています。
  • 検査は定期的に行わなければいけませんか?
  • 遺伝子検査結果は生涯変わることはありませんので、1度検査いただければその後検査していただく必要はありません。
  • 遺伝子検査の結果は、どのくらいで判明しますか?
  • 通常約4週間程度です。
  • 口腔内の細胞はどのように採取するのですか?
  • 「頬」の内側にカルポーター(綿棒)の綿部を押し当てて採取します。
  • 遺伝子検査はすぐにできますか?
  • 口内粘膜から採取しますので、時間もかからず手軽に検査を受けることができます。
    CAG・GGC両方検査することでより正確なデータを導きだすことが可能です

料金

AGA遺伝子検査 18,000 円

 

未成年者同意書院内モニターさん募集お問合せは