お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES 求人情報 ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

花粉症の治療

花粉症治療の種類

花粉症の季節になると、花粉症の症状に悩まされ、苦しい思いをしている人は多いことでしょう。花粉症の症状を少しでも軽減させるためには、早めの対処が必要となってきます。当院では、患者様に合わせ、多岐にわたる治療法がございます。

 

減感作療法注射

アレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ徐々に増やしていくことでそれに対する過敏な反応を減らしていこうという方法です。
実際には、治療用のアレルゲンエキスを非常に薄い濃度で皮内に少量(0.02ml~)から注射し始め、慎重に投与量を0.5mlまで増やしていきます。

アメリカでは、花粉症はもちろんダニなどのアレルギー治療でも広く一般的に行われています。細菌やウイルスといった外敵が体内に入り込んだときに体を守るために働く免疫系が勘違いを起こすのがアレルギー反応です。
本来外敵でも何でもないアレルゲンが体の中に入ったときに免疫系が外敵と勘違いして反応が起こってしまいます。この勘違いを直すために、ほんの少しのアレルゲンを体内に入れます。大変少ない量のアレルゲンに接触したときには免疫系は「外敵だ!」と思わずに考え込んでしまいます。
そこでしばらくしてから、もう少しだけ多い量のアレルゲンを体内に入れます。そのとき免疫系は、反応が弱くなってしまうのです。うまくいくと薬が不要になったり大幅に減らすことが出来ます。

 

副腎皮質ホルモンのデポ剤注射

いわゆる「一発(ステロイド)注射」と言われるものです。
1本打つと体内に蓄積し数週間花粉症の症状が出ないと言われています。人によっては、1シーズン1本で済みます。重度の花粉症を持っておられる患者様にはまさに魔法の薬とでもいうべきものですが、副作用も少なくないことまずご説明しなくてはいけません。
具体的にはステロイド剤の一般的な副作用として免疫力の低下が上げられます。その他、糖尿病、胃潰瘍、骨粗鬆症、白内障などです。また子供の場合は成長に影響を与える可能性も指摘されております。
濃度の高いステロイド剤を直接筋肉に注射することにより劇的な効果と引き換えに上述したような危険性もあるのです。
ただ、大変重度の花粉症で、日常生活に支障をきたすような場合使わざるを得ないケースもあります。
その場合でも体内に長期間残るステロイド注射を選択しなくとも危険性の比較的小さい内服薬でも効果がみられる場合があります。
お悩みであれば一度ご相談ください。

 

ヒスタグロビン注射

ヒスタミンの抗体をつくりアレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えられます。
人の血液からつくられています。血液感染を心配する方がいますが血清の中のガンマグロビンのみから抽出しており、エイズウイルスなどは入りこめません。

また、近年はウイルス感染の血液が使用できないよう厳重な検査をしています。
通常、シーズン中に週に1~2回の頻度で3~6回行います。
その後は3~4ヶ月ごとに追加します。

血液クレンジング治療

≪血液クレンジングとは≫
血液クレンジング療法とは、採血した血液にオゾン発生装置で代謝と免疫系の活性にもっとも効果のある量の医療用オゾンを投与。酸素飽和度を最大限に増やすことで浄化し、新鮮な血液に変えてから体内へ戻す治療法です。40年ほど前にドイツで開発され、自然治癒力を強化するため、ヨーロッパでは現在も年間100万人以上の人々が受けています。
長い歴史を持つこの血液クレンジングはずっと研究が続けられ、医学的根拠に基づく治療法として、英国のエリザベス女王の母“クイーン・マム”が定期的にこの療法で老化を予防したことも広く一般的に知られています。
自分の血液を使用するため副作用もなく、非常に高い安全性・有効性が認められています。
新鮮な血液が全身を巡ることで、血流が改善され新陳代謝が活発化、免疫力がアップして病気の回復力が高まる等、健康的な身体づくりができます。

また、リンパ液が浄化され生体エネルギーが甦って疲労を感じにくくなるだけでなく、活性酸素も除去して身体の内外からアンチエイジングの効果を発揮します。

≪血液クレンジングの効果≫
薬剤を使用する治療と違い、自然治癒力を復活させて強化するという治療法なので、様々な疾患に効果があります。慢性的な症状を抱えている方、難病でお困りの方、肌トラブルにお悩みの方、成人病や癌の治療を続けている方、アンチエイジングを望んでいる、など、様々な状態の方が効果を実感されています。安全性の高いこの血液クレンジング療法を、ぜひ一度お試しください。

 

漢方による治療

花粉症や鼻炎につかう漢方薬は、小青竜湯/小青竜湯加石膏/苓甘姜味辛夏仁湯/麦門冬湯/麻黄附子細辛湯/二陳湯合小青竜湯(加石膏) ・・・ などのものがあります。
花粉症やアレルギー性鼻炎は、漢方により体質改善を図ることで治癒していき、ほとんど気にならないくらいにまで症状を減らし、症状が出なくなることも可能です。
漢方で治療する利点としては、
・眠気、口のかわきがない
・食前、食後に関係なくいつでも服用できるものもある
・新薬と併用も場合により可能
・妊婦への処方としても可能

 

内服薬による治療

花粉症の内服薬というものは、体内に花粉が入ると、症状を引き起こす直接の原因となっているヒスタミンやロイコトリエンの発生を抑制すること。または、ヒスタミンの働きそのものを押さえこむことで、症状を緩和してくれます。更には、炎症のおきた部位に対し、炎症を抑える働きをするものなど、その目的は、花粉症によって発症した症状の緩和となります。
内服薬は、眠気などの副作用を心配される方もいらっしゃいますが、症状の改善は比較的早く現れますので、上手に利用して付き合っていくことが適切です。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは