まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

呼吸機能検査

呼吸機能検査とは?

肺活量、最大吸気量といった肺の機能の検査です。
肺に吸い込める最大の空気量を測定し、肺の容積が正常かどうかを判断します。まず、息を吐ききったところから胸いっぱいに吸い込んで吸気の肺活量を測定します。同様に、息を吸いきったところから息を全部吐いて呼気の肺活量を測定します。

検査のながれ

検査担当者の指示に従って検査を受けることが、正確なデータを得るために大切です。検査は鼻から空気が漏れないように、鼻にクリップをつけて座位または立位で行います。通常、複数回行い、もっとも良いデータを選択します。

(1)肺活量の測定
健康診断などでよく行われる検査です。肺に吸い込める最大の空気量を測定し、肺の容積が正常かどうかを判断します。まず、息を吐ききったところから胸いっぱいに吸い込んで吸気の肺活量を測定し ます。同様に、息を吸いきったところから息を全部吐いて呼気の肺活量を測定します。
(2)1秒量・1秒率の算出
前述のふつうの肺活量と違って、胸いっぱいに吸い込んだ空気を「一気に、最大努力で(思いっきり)」全部吐ききって測定される肺活量を努力肺活量と言います。このとき、最初の1秒間でどれだけの空気を吐けたかが1秒量で、1秒量の努力肺活量に対する比率が1秒率です。検査を受ける方の努力に依存する検査ではありますが、気道(気管・気管支)系の異常発見の指標として非常に有用です。

 

検査結果と疑われる疾患

性別、年齢、身長から標準的な肺活量が求められ、これを予測肺活量と言います。実際に測定した肺活量が予測肺活量の80%未満のときは肺活量不足で「拘束性換気障害」あり、と判断されます。この原因としては肺切除後や肺線維症などの肺の障害、気道内異物などによる気道閉塞(へいそく)、脳出血など脳や神経の障害、あるいは胸水の貯留や胸郭(きょうかく)の変形などがあります。

1秒率70%未満のときは空気をスムーズに吐けない「閉塞性換気障害」あり、と判断されます。原因疾患としては気管支ぜん息や慢性閉塞性肺疾患(COPDと略され、肺気腫(はいきしゅ))などがあります。なお、気管支ぜん息は気管支拡張薬の吸入により1秒率が明らかに改善することが特徴です。1秒率はこれらの疾患の診断や経過観察に欠かせない検査項目です。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは