お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 禁煙外来 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。 求人情報

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

アレルギー検査

アレルギー検査について

アレルギー検査では、食物アレルギー、花粉症、ハウスダストなど、アレルギーの有無とアレルゲンを知ることができます。
アレルギーとは、体外より侵入する異物から防御しようとする身体の「免疫反応」が働いた結果、引き起こされる症状のことです。アレルギーを引き起こす原因となる物質をアレルゲン(抗原)と言います。
現在の日本人の1/3は、何らかのアレルギーがあると言われています。花粉症もアレルギー症状の一つです。大人になってアレルギー反応が現れたり、まだ症状が出ていないアレルギーも予備軍として存在します。自身のアレルギーの種類やどのくらいアレルギーが強いのかを数値化してくれるアレルギー検査は、アレルギーの予防と対策の為にも有効です。

 

アレルギーの主な検査方法

ここでは血液検査をご紹介します。
血液検査はアレルギー性皮膚炎のアレルギー検査・ウイルス性疾患などの有無を知ることができます。
検査は健康保険が適応されます。

 

チェックする項目

好酸球の数
血液の中の白血球という本来病気と闘う細胞で、好酸球という白血球の数を調べます。アトピーの人は、好酸球の数が多い傾向にあります。

IgE値
免疫に関わるたん白質で、アトピーの人はこのたん白質の数値が増えます。

特異的IgE
原因と思われるアレルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数。この数字は100までありますが、0.34以下ならスコア0で陰性。0.34~0.69までならスコア1で疑陽性。0.7以上ならスコア2で陽性になります。100近くになるとスコア6の重たいアレルギーがあると診断されます。
LDH(lactate dehydrigenase)
体内の酵素で、皮膚や肝臓などに含まれているもの。皮膚の炎症で皮膚が破壊されると血液中に出てきます。アトピーの湿疹がひどいと上昇するので、この数値を見ます。
TARC(Thymus and activation-regulateed chemokine)
細胞を引き寄せる体内で作られるタンパク質。最近測定できるようになった新しい数値ですが、アトピーの湿疹がひどいと上昇します。

 

その他血液検査数値から推測されること

検査項目 基準値 単位 検査数値から推測されること
血清総蛋白 6.5~8.3g/dl肝機能や腎機能の障害で、代謝に異常があると変動。
アルブミン 3.8~5.3アルブミン:栄養不良、吸収不良、肝臓や腎臓の病気で数値低下。
アルブミンが2.5g/dl以下になると血液がさらさらになって浮腫みや腹水などの症状。
グロブリン(=血清総タンパク質-アルブミン):肝硬変、慢性感染症、膠原病などで数値上昇。
A/G比:アルブミン/グロブリン比から肝臓などの障害を推測。病気のとき低下。
A/G比 1.1~2.3
総ビリルビン 0.2~1.0mg/dl肝臓障害などで高値。
黄疸の種類が推測できる。
直接ビリルビン 0.4以下
チモール 4.0以下単位肝硬変や慢性肝炎の他、膠原病、乳ビ血清、高脂血症で高値。
クンケル 2.0~12.0肝硬変や慢性肝炎の他、膠原病などで高値。
コリンエステラーゼ 3500~8100IU/l肝障害や農薬中毒で低値。
ALP 110~354骨の新生状態や肝、胆道系疾患で異常値。
GOT(AST) 8~38肝臓の異常に敏感に反応する酵素。
GPT(ALT) 4~43
LDH 180~450肝臓病、心臓病、血液の病気で高値になることが多い。
LAP 30~70肝、胆道系疾患で上昇。妊娠で増加。
γ-GT 男:16~84
女:12~48アルコール性肝臓障害で高値。
CK 男:38~196
女:30~172骨格筋や心筋などに多く含まれるため筋梗塞で高値。
総コレステロール 130~239mg/dl動脈硬化や心臓病などの経過を推測。
基準値の上限が219より引き上げられ、高脂血症と診断される人が半減。「280以上が異常」というのが妥当な値で、本当に高脂血症の薬が必要な人は、現在、日本で処方されている人の内の10分の1以下。
HDLコレステロール 男:40~77
女:40~90低値の場合、心筋梗塞や脳血栓症などに注意。
トリグリセライド 30~143mg/dl動脈硬化で高値。肥満度に比例して高くなる。
尿素窒素 8.0~22.0腎機能障害、腎不全などで高値。腎臓の排泄機能を推測。
クレアチニン 男:0.8~1.2
女:0.6~0.9
尿酸 男:3.5~7.7
女:2.6~5.6痛風の原因となる物質。腎疾患でも高値。
ナトリウム 135~150mEq/l血中濃度のバランスの崩れから体内の障害を推測。
クロール 98~110
カリウム数値 3.5~5.3
カルシウム 8.4~10.2mg/dlカルシウム吸収異常、骨疾患、内分泌疾患などで値が変動。
無機リン 2.5~4.5副甲状腺異常、ビタミンD異常症、クル病、骨軟化症、多発性骨髄腫などで異常値。
血清鉄 男:58~188
女:48~170µg/dl慢性の出血や鉄の供給不足などで、血清鉄と総鉄結合能が変化。
血中アミラーゼ 38~136IU/l急性膵炎、慢性膵炎、膵臓ガンなどで異常値。唾液腺が活性化して数値が高くなることもある。膵炎を疑う場合はリパーゼのチェックも必要。
Lipase
(リパーゼ)
50~1000U/l膵臓から出す脂肪を分解する酵素。アミラーゼと同様ですが、リパーゼの反応はやや遅れて発現します。
血糖値
(グルコース)
80~110mg/dl日本糖尿病学会では、空腹時血糖値が
80~110mg/dl未満を「優」、
100~130mg/dl未満を「良」、
70mg/dl未満を低血糖と評価しています。
糖尿病で上昇。
Hb-Aic 4.3~5.8%採血時より過去1~3ヶ月間の平均血糖値を反映。
CRP 0.6以下mg/dl急性の炎症や組織の損傷で上昇。病気の経過を推測。
ASO 156以下U/ml数値の高低で溶連菌の感染を推測。
白血球数 男:3900~9800
女:3500~9100個/µl扁桃炎、肺炎などの感染症や白血病で増加。
赤血球数 男:427~570
女:376~500万個/µl赤血球数の減少で、酸素運搬能力が低下し貧血。
ヘモグロビン量 男:13.5~17.6
女:11.3~15.2g/dl貧血を目的とした検査。数値の低下で貧血を推測。
ヘマトクリット値 男:39.8~51.8
女:33.4~44.9%
血小板数値 男:13.1~36.2
女:13.0~36.9万個/µl血小板数値から止血機能を推測。
血小板減少性紫斑病、白血病、再生不良性貧血、肝硬変などで減少。
網状赤血球数 男:2~27
女:2~26‰溶血性貧血、鉛中毒、摘脾後、新生児期で高値。
再生不良性貧血で低下。
※検査結果の判断は、医師にご相談ください。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは