まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

喘息治療(点滴・ネブライザー)

喘息について

喘息とは、気道が慢性的に炎症を起こしている状態の事をさします。その結果、気道が過敏になり、そこに誘因(増悪因子)が加わる事で気道が収縮し喘息症状である発作を起こします。ですので、喘息治療は、その根本である気道の炎症をおさえることが非常に重要です。
喘息には、その原因によっていろいろな種類に分けられますが、一般的に、アレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類に分けます。どちらも、症状や治療法はほぼ同じですが、アトピー型の場合、アレルギーに対する治療も必要です。

 

喘息の治療法

先述から、喘息治療は(1)気道の炎症(2)喘息症状(3)原因・誘因にどのように対処するかということになります。最近の治療では、注入ステロイド(ネブライザー)などで気道の炎症をおさえて、発作がおこるのを予防すること(予防の治療)が中心になってきています。また、吸入ステロイド薬は世界的に喘息治療の第一選択薬として位置づけられています。しかし、発作が大きく注入ステロイドが聞かない場合は、注射や点滴で、更に強い薬を投与します。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは