まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

肥満外来

メタボリック症候群について

現在では広く使われ出し、単純には肥満体系を指すものとして聴きなじみのある言葉となっていますが、メタボリック症候群とは、別称「メタボリックシンドローム」と言い、動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群をさしています。
少し説明すると、過食や運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、・高血圧症・高脂血症(コレステロールやトリグリセリドの高値)・糖尿病(インスリン抵抗性)など複数の生活習慣病を合併した状態の事で、もっとも注意すべきなのが、高尿酸血症も合併しやすくなる危険性を孕んだ状態の事を指します。

 

メタボリックシンドロームの診断基準

では、一体どの程度がメタボリックシンドロームに値するのか。
・日本肥満学会・日本動脈硬化学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会
・日本内科学会・日本血栓止血学会・日本循環器学会・日本腎臓病学会
の8学会が、日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準をまとめ、2005年4月に発表しています。本診断基準では、必須項目となる内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、
その中で 、
①血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
②血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)
—の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。

血清脂質異常
ウエスト周囲径:  男性 85cm以上 女性 90cm以上
(内臓脂肪面積100平方cm以上に相当)

プラス下記2項目以上が当てはまる方
血清脂質異常 血圧高値 高血糖
トリグリセリド値: 
150mg/dL以上HDLコレステロール値: 
40mg/dL未満
のいずれか、又は両方
最高(収縮期)血圧: 
130mmHg以上最低(拡張期)血圧: 
85mmHg以上
のいずれか、又は両方
空腹時血糖値: 
110mg/dL以上
* ウエスト径は立位、軽呼気時、臍レベルで測定する。脂肪蓄積が著明で臍が下方に偏位している場合は肋骨下縁と前上腸骨棘の中点の高さで測定する。
* 高TG血症、低HDL-C血症、高血圧、糖尿病に対する薬剤治療をうけている場合は、それぞれの項目に含める。医師の診断と相談の元、安心で確実なダイエットをご希望の方は、 ドクターズダイエットをお勧めします。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは