まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

胸部X線検査

胸部X線検査とは?

胸部X線検査は、いわゆるレントゲン検査で咳や胸痛などの症状がある場合に行われる検査です。
胸部X線検査では主に肺の病気の診断に有用で、肺がん、肺結核、肺炎などの異常が白い影として映ります。また気胸、肺気腫などの病気は肺を圧迫して膨らんだ空気が黒く映ります。

 

検査でわかることとは

この検査でわかる代表的な病気は、肺がん、肺結核、肺炎などの肺の病気です。肺に腫瘍(しゅよう)や炎症などがあると、病変部が白っぽくうつります。
胸膜(きょうまく)に空気がたまる気胸(ききょう)では、肺の縮んだようすがうつります。また、肺といっしょに心臓病や大動脈の病気、気管支、食道などの病気のほか、肋膜(ろくまく)や横隔膜(おうかくまく)のようすなどもわかります。

 

異常があるときに疑われる病気

肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫(はいきしゅ)、気胸(ききょう)、胸膜炎(きょうまくえん)、心肥大、心拡大、胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)などです。

 

異常が見つかった場合

肺がんが疑われるときは、喀痰(かくたん)細胞診検査(痰を採取して、がん細胞の有無を調べる検査)や、胸部CT検査、気管支内視鏡検査、腫瘍(しゅよう)マーカーなどの精密検査を行ってさらに詳しく調べていきます。
そのほかの病気が疑われる場合も、胸部CT検査機器のある医療機関を紹介し、総合的に判断していきます。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは