まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の症状は、強いかゆみのある湿疹がずっと、または、繰り返して(大人では6ヶ月以上、乳幼児では2ヶ月以上)続くことが特徴です。そんな症状に本人、または、父母兄弟にアレルギー体質やアレルギー疾患があれば、アトピー性皮膚炎と診断されます。

アトピー性皮膚炎の典型的な症状は、年齢と共に変化します。また、同じ年齢であっても、何が原因になっているかによって、かなり違ってきます。

アトピー性皮膚炎は年齢で以下のように分類されます

(1).乳幼児型アトピー性皮膚炎
(2).小児(学童)型アトピー性皮膚炎
(3).成人型アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、顔や首、ひじの内側やひざの裏側などに湿疹が左右対称に
現れ、放っておくと全身に広がっていきます。
非常にかゆいのが特徴です。よくなったり悪くなったりをくりかえしながら、慢
性に経過します。
気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎などにかかりやすい傾向があります。

 

アトピー性皮膚炎の日常生活でのセルフコントロール

お肌のお手入れの方法や原因となる刺激物を知ることが、敏感なアトピー肌とつきあう
はじめの一歩です。かゆくなっても、できるだけ掻かないようにするといった心がけも大切です。

 

●汗と汚れは、すぐ洗い落としましょう。
●石鹸をよく泡立てて、洗うときは優しく。
●お風呂の後は、保湿剤でうるおいを。
●肌触りの良いやわらかい衣類を選びましょう。
●ストレスは大敵。リラックスできることをみつめましょう。
●ひっかきキズをつくらないように、爪をきちんと切りましょう。
●こまめに部屋のおそうじをしましょう。
●つらいかゆみを抑える方法を知って、できるだけ掻かないようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎の原因

遺伝的な体質と環境の2つが原因。アレルギーだけで起こっているわけではありません。

 

アトピー性皮膚炎の治療法

当院では、患者様の病態に応じて現代薬と漢方薬を組み合わせ、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬でかゆみをコントロールしながら漢方薬も併用して治療をおこなっていきます。また、外用薬も病態に応じてステロイド外用薬で皮膚の炎症をコントロールする場合もあれば、保湿剤をメインに治療していく場合もあります。また、部位や病状により様々な外用薬を使い分けて治療をおこなっていきます。患者様の病態とご希望により、さまざまな治療法をご提案できますので、是非お気軽にご相談下さい。

 

院長からのメッセージ

私は幼少時より重症のアトピー性皮膚炎に悩まされ、様々な治療を試みましたが最終的にたどり着いたのが漢方でした。東洋医学の深さを実感し、一人でも多くの患者様を治していきたいと思っています。一度ご相談ください。
※ご希望により、漢方薬を中心とした治療もご提案できます。

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは