まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

紫外線療法(ナローバンドUVB療法)

紫外線療法「ナローバンドUVB」について [保険適応治療]

紫外線療法

これまで日本においては、外用療法にて効果の乏しい乾癬の症例に対しては、中波長紫外線(UVB)療法やソラレンと長波長紫外線(UVA)を用いたPUVA療法が行われてきており、それなりの成果を挙げてきました。
しかし近年欧米にて新たな波長特性を持つ紫外線ランプが開発され臨床応用も進み、かなりデータも蓄積されてきました。ナローバンドUVB(NB- UVB)は中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線で,この紫外線が乾癬治療に有効であることが明らかとなり、オランダフィリップス社で蛍光管(フィリップスTL01)が開発されると共に治療法として普及し始め、現在では乾癬を初めとして、アトピー性皮膚炎、白斑、多形日光疹、菌状息肉症の治療に用いられています。

当院ではクリニカル・サプライ社の「デルマレイ-200」を導入しております。

 

治療のながれ

1.照射治療

病気の種類、重症度によって違いますが、週1~3回照射します。

2.補助治療

基本的に外用剤と併用していただきます。症状が軽快すれば弱い外用剤に変更もしくは保湿剤などの外用に切り替えます。湿疹病変、痒み、睡眠障害などがひいた時点で同治療を中止しその後、外用剤などで経過をみます。

3.維持療法

皮膚の症状がひいた後も良い状態を維持するために、紫外線照射の間隔を長くして、定期的に当てることもあります。

副作用について

ナローバンドUVB療法で予期される急性の副作用は皮膚の赤み、色素沈着、ほてり感、やけどなどがあります。また、長期の副作用として照射回数が多くなれば皮膚の慢性障害や老化などをおこすおそれがあります。そのため、回数が極端に多くならないよう、外用や生活指導、スキンケアなどで工夫していきます。
しかしながらこれらの副作用は他の紫外線療法と同じで、この治療法に限られているわけではありません。ナローバンドUVB療法は現在行われている他の紫外線療法に比べ、急性の副作用・長期の副作用のいずれも起こしにくいと考えられています。

ナローバンドUVB治療が受けられない方

日光や紫外線で悪化する病気の患者(日光過敏症)
以前に皮膚ガンや前ガン状態の患者(日光角化症)
免疫抑制療法を受けている患者
妊娠中、授乳中の方

 

よくある質問

  • 質問1:どのくらい治療にかかるの?
  • 回答1:週に2 ~ 3 回治療を受けていただく必要があります。週に1 回も治療を受けないとなかなか効果が得られません。個人差がありますが乾癬の場合は合計20 ~ 30 回、白斑の場合はもっと回数がかかります。
  • 質問2:副作用はありますか?
  • 回答2:紫外線を浴びすぎるとやけどを起こしたり、長年繰り返せば皮膚がんを引き起こしたりすることが知られています。たとえ、太陽の紫外線でも同じことを起こします。ナローバンドUVB も紫外線のひとつなのでそういった恐れがないわけではありません。しかし照射回数、照射量の上限を守って的確に行えば、効果の高い治療法なのです。

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは