お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES 求人情報 ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

ニキビ治療

ニキビの治療について

ニキビ治療

ニキビ治療で大切な事は赤く腫れたニキビを早く治し、痕を作らない事です。赤く腫れたニキビをこじらせてしまうと赤い跡やシミになったり、ひどい場合はケロイドやへこみになってしまいます。赤いニキビ痕やニキビ痕のシミは改善することができますが、へこんだニキビ痕の治療はなかなか困難です。
ニキビは年齢が上がると次第に出なくなりますので、それまでこじらせずに上手くコントロールしていく事が大切です。 出やすい期間が、ある程度続きますので体に負担がかからない方法で治療していきましょう。
皮膚科→内服(ビタミン処方など)外用薬(軟膏など)のみの処方。
美容皮膚科→内服・外用薬に加えてレーザー治療・圧出・ケミカルピーリングなど直接的なお手入れを併用可能です。

ニキビができるメカニズム

ニキビができるメカニズムの解説画像

ニキビの原因
ニキビの多くは角栓が原因で、角栓とは毛穴が皮脂や角質で詰まってできてしまうものです。
成長ホルモンの影響、男性ホルモンの影響、ストレスや、黄体ホルモンの影響などで、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が正常に行われなくなることで、毛穴が詰まってしまいます。
また、お肌に強い刺激を与え過ぎても、肌を守ろうと角質が固くなり、毛穴が詰まりやすくなります。この皮脂が毛穴に詰まってしまう状態からニキビができ始めるのです。

ニキビの種類

ニキビができるメカニズムの解説画像 白ニキビ

白ニキビ
全体が黄白色に見え、毛穴が閉じて盛り上がった状態が、「白ニキビ」と呼ばれます。毛穴の入り口が角質や汚れなどで詰まり、皮膚表面に排出されるはずの皮脂が、毛穴の中に溜まり、面皰(めんぽう)ができてしまいます。まだこの段階では初期症状であり、毛穴が解放されず痛みや周辺の皮膚の色も正常です。

ニキビができるメカニズムの解説画像 黒ニキビ

黒ニキビ
白ニキビの症状が進むと、内部に溜まった皮脂が毛穴を押し広げ外に出ようとしてきます。これに汚れが付着したり、皮脂が酸化したりすることで、先端が黒っぽく変色します。これが、「黒ニキビ」と呼ばれます。白ニキビ同様、初期症状なのでこの段階で面皰を上手く押し出せば、きれいに治ることもありますが、無理に力を加えて悪化させてしまう恐れもありますので、当院で処置することをお勧めします。

ニキビができるメカニズムの解説画像 赤ニキビ

赤ニキビ
白ニキビ・黒ニキビを放置すると、角栓にさらに皮脂がたまっていきます。さらに、その皮脂を栄養源にアクネ菌が繁殖し、毛穴の中で皮脂が酸化します。熱を持った膿ができ、炎症を引き起こします。炎症は肌の表面からもわかる状態になりますが、ニキビ痕が残る可能性があるので、潰したり、触ったりしてはいけません。この状態が「赤ニキビ」と呼ばれ、治療には抗生物質が必要になってしまいます。

ニキビができるメカニズムの解説画像 化膿ニキビ(黄ニキビ)

化膿ニキビ(黄ニキビ)
赤ニキビの炎症がさらに広範囲になり、熱を持った膿が生じてしまった状態です。これを「化膿ニキビ」または「黄ニキビ」と呼びます。潰したり、膿を出したりしたほうが良いなどと言われますが、失敗してしまうとニキビ痕として残ったり、繰り返しそこからニキビができてしまう可能性がありますので、適切な処置が望まれます。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビのちがい 比較表

当院での白ニキビ・黒ニキビ(面疱)の治療

赤く腫れたニキビの予備軍となる白ニキビ・黒ニキビ(面疱)は、ディフェリンゲルやトレチノイン、ケミカルピーリングなどで毛穴のつまりを解消したり、炭酸ガスレーザーで微小な孔を開け、内容物を出すなどの治療で対処いたします。

白ニキビの症例 面皰圧出器とニキビ面皰画像
ニキビでお悩みの方へ ニキビ治療コース 当院ではメディカルエステメニューにサリチル酸マクロゴールピーリング+フォトフェイシャル(IPL)+イオン導入(ビタミンC+プラセンタ)を組み合わせた特別メニューをご用意いたしました。 くわしくはこちらをご覧ください。

赤く膿んでいるニキビの治療

ニキビ治療

抗生物質の飲み薬・塗り薬を使います。 抗生物質にアレルギーのある方や、カンジダ症にかかりやすい女性の方は漢方薬を飲んで治します。 いずれも症状が良くなったら飲む量を減らしていきます。数が少なくなったら塗り薬のみで治療できます。 飲み薬が飲めない人や、保険治療で良くならない場合はケミカルピーリングやレーザーなどの治療で改善することもできます。

ニキビ痕の赤み、シミの治療

ニキビ治療

ニキビ痕の赤み、シミは皮膚の新陳代謝で時間が経つと少しずつ薄くなっていきます。
早く治したい場合は ケミカルピーリングやトレチノイン外用など皮膚の新陳代謝を早める治療を行ったり、 フォトIPLによる光線療法を行います。 また、ビタミンCの飲み薬やローション、イオン導入、ハイドロキノンなどで炎症後の色素沈着(シミ)を薄くする治療法があります。

※ニキビ痕が既に残ってしまっている方へ・・・以下の治療法があります。

フラクショナルレーザー治療

eCO2エボリューション:表皮と真皮層の深くまでしっかりと微細な穴を開けることで、劇的なコラーゲン の新生作用を生み、ニキビ痕を目立たなくします。

② インフィニHYBRID:狙ったターゲット部位へエネルギー伝達を確実に行い、表皮にダメージを与える ことなく表皮と真皮の活性化ができます。

フラクショナルレーザー:真皮層を熱変性させ真皮組織を再構築させることにより、コラーゲンを再生・生成することでお肌を生まれ変わらせます。一般的にお肌の入れ替えレーザーと言われています。

レーザーフェイシャル:アレキサンドライトレーザーを照射することにより、真皮内のコラーゲンを増やし、徐々にニキビ痕や毛穴の開き、くすみを改善します。

※毛穴の開きが気になる方へ・・・以下の治療法があります。
医療用LED治療器ヒーライトⅡ:590 nm と 830 nm 2つの新世代のLED波長をシナジー効果で連射することで、傷の創傷治癒やコラーゲン・エラスチン増産などに最適な環境を作り出します。
スペクトラピール:均一に照射されるレーザーは、安全で安定したビーム照射を実現するため、ニキビに対しても効果が期待できます。
レーザーフェイシャル:冷却装置の付いたレーザー光を顔全体照射することで、毛穴の黒ずみや開き、くすみ、そばかすや薄いシミを改善します。

料金

ニキビ圧出

ニキビ圧出
1個 2,400円
20個まで 5,300円

ニキビ治療コース

ケミカルピーリング→スキンスクライバー→イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ

ニキビ治療コース
初回料金 9,300円
5回コース 71,100円→52,400円

(1回 10,480円)

コース内容 1:イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ→ニキビ圧出

2:スキンスクライバー(毛穴洗浄)→イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ

3:ケミカルピーリング→イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ

4:スペクトラピール→エレクトロポレーション(ビタミンC)

5:イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ

背中ニキビ治療コース

ケミカルピーリング→パック→イオン導入(ビタミンC)

背中ニキビ治療コース
初回料金 9,300円
5回コース 94,200円→60,000円

(1回 12,000円)

コース内容 1:イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ→ニキビ圧出
2:スペクトラピール→パック→エレクトロポレーション(ビタミンC)
3:ケミカルピーリング→イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ
4:スペクトラピール→パック→エレクトロポレーション(ビタミンC)
5:イオン導入(ビタミンC)→ヒーライトⅡ

※薬代等すべて上記に含まれます。 ※料金はすべて税抜表示になっております。 ※カウンセリングは無料です。

患者様の声

薬やスキンケアを徹底していても治らずにいたしつこいニキビが、毎回通院を重ねるにつれて、どんどん改善され、お肌自体がなめらかになりました。他の治療にも興味が沸いてきました。
(宝塚市 29歳 女性 S・N)
若い頃からニキビで悩んでいて、今でも生理前やストレスの多い時期になると一気に出だします。少しでもマシになれば…と思ってこの治療を始めました。もうほとんどニキビもできなくなり、多少刺激のある治療を加えても大丈夫なほど、肌が強くキレイになりました!やめるのが怖いくらいです。
(大阪市 51歳 女性 S・U様 )
新しいニキビがでなくなり、少しずつですが改善傾向に。今度はニキビ跡が気になってきたので他の施術も気になります。
(西宮市 18歳 男性 M・S様)

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは