まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

ホクロ(黒子・ほくろ)

治療の説明

ほくろの治療はその大きさによって二種類の方法があります。
まず、ホクロの直径が約5ミリ以下のものにはレーザー治療や高周波メスでの治療が向いています。
レーザーや高周波を使い高温で除去します。 また、1センチを超えるような大きなものはメスを使い切除していきます。

いずれの手術も必要な時間はおおよそ30分以内と短く術後の痛みもほとんどありません。

悪性の場合もありますので気になる方は一度ご相談ください。
ホクロ治療は保険がきく場合がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

治療のながれ

1.局部麻酔をします。
2.レーザー治療、高周波メスで除去します。大きさによりメスで切除する場合もあります。
3.ほくろを除去した部分に肌色の小さなテープを貼ってお帰り頂きます。(テープの上からお化粧も可能ですので目立ちません)ご自宅で消毒・軟膏を塗ってケアして頂きます。

 

よくある質問

  • ほくろ除去後に傷跡は残りますか?
  • ホクロの場所と体質にもよりますが、ほとんどの場合傷跡は目立たなくなります。
  • ほくろ除去後完治までの期間は?
  • 約直径5ミリ以下の小さいなホクロをレーザーや高周波メスで治療した場合でおおよそ1週間で保護テープをはがすことができます。その後、再発を認めた場合には2・3ヶ月後に再度処置を行います。それより大きいものはメスを使っての手術となりますので抜糸まで5日程度必要です。
  • ほくろは再発しますか?
  • まれに細胞の取り残しが原因で再発する可能性はあります。
    メスでの除去手術ではホクロを根元から完全に取り除くため再発の可能性はほとんどありません。レーザーや高周波メスを用いた場合は肉眼で確認しながらの処置となるため、母斑細胞を取り残す可能性があります。しかし、この場合でも再度2・3ヵ月後に処置を行えばほくろの黒色がなくなっていきます。

 

治療料金

保険(3割負担)
約9,000円
保険外
直径1~2mm 5,240円

 

テープ・軟膏 200円

※料金はすべて税抜表示になっております。 ※カウンセリングは無料です。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは