お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 禁煙外来 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。 求人情報

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

おでき・アテローム(粉瘤)

排膿術

毛穴の仕組み

・「粉瘤(アテローム・おでき)」とは?
粉瘤は、アテロームとも呼ばれ、皮下にできる腫瘍の一種です。
腫瘍といっても、誰でも発症しうるおできの一種で、癌のような悪性の腫瘍ではありません。
粉瘤の正体は、外皮から剥がれ落ちた垢などの老廃物の塊です。
粉瘤は体のさまざまな部分にできますが、とくに頭部や眉毛や頬などの顔、首、耳のうしろや背中にできやすいと言われています。
例えば、ピアスの跡やわきがの手術など、外傷が原因となり発症することも多いようです。
通常、痛みはありませんが、細菌などに感染した場合は腫れたり、痛むこともあります。
小さなものは無症状のこともありますが、放っておくと大きくなる可能性もあります。

 

おできの治療

おできの治療、アテロームについてですが、粉瘤・アテロームは、塗り薬では治療できません。おできとはそもそも、毛穴にできる炎症です。毛膿炎とも言われていることが多いです。毛穴に小さい傷などができて細菌、とくに黄色ブドウ球菌に感染して起こるとされています。そして粉瘤は毛穴の出口をふさいで、皮膚が袋状になったところに角質が袋みたいに溜まる症状です。治すには摘出手術を行います。腫瘍と入っても良性の腫瘍ですから、切除しなくて放っておいてもいいのですが、放っておくと炎症が起きたり、大きくなったり、膿む可能性があります。

 

治療のながれ

1麻酔

局部麻酔をまず行います。

 

2切開

表面の皮膚を切開して、摘出し、極細の糸で縫合します。切開は最小限でおこないます。

 

アフターケア

施術当日、施術部分について、洗顔・入浴についてなど
      とても簡単な手術なので日帰りで可能です。
      当日は患部の状態によっては入浴は禁止されます。
      患部は縫合しておりますので、約1週間後に抜糸となります。
    患部は約1週間水に濡らす事ができませんので、防水機能のあるテープ剤で保護してあります。できるだけ患部を水に濡らさないようにして、洗顔・入浴(できればシャワー)は当日か、傷の状態によっては翌日より可能です。

 

よくある質問

  • おでき、アテローム・粉瘤って何ですか?
  • これは皮膚の中にできる角質と、油の塊を持っている袋です。皮膚ははがれおちて、垢と皮脂も剥がれ落ちるはずなのに、剥がれ落ちずに皮膚の下の袋に溜まって腫瘍になった塊です。
  • おできやアテロームは大きくなりますか?
  • 放っておけば大きくなります。剥がれ落ちた垢、皮脂は袋の中にどんどん溜まりますから大きくなるのです。

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは