二重切開法・部分切開法

特徴

よりはっきりとした二重をご希望の方へ

よりはっきりとした二重をご希望の方へ
二重切開法は、目の上の余分な皮膚を取り除くことで二重のラインをデザインする施術です。
はっきりとした二重ラインを希望する方や戻りにくい二重ラインをご希望の方におすすめです。
皮膚の余り(たるみ)があるために埋没法では希望する二重を作ることができないまぶたは、全切開法を用いて余分な皮膚を切除することでキレイな二重ラインに仕上がります。当院では、目の周りの筋肉や脂肪も必要に応じて処理しているため、目元の重みも、腫れぼったさも改善されます。

このような方におすすめ

  • 厚く腫れぼったい瞼をすっきり二重にしたい方
  • 幅広の二重にしたい、平行型の二重にしたい方
  • 元に戻らない二重をご希望の方
  • 埋没法の糸が緩んで元に戻ってしまった方
  • まぶたの脂肪除去も一緒にしたい方(別途費用)
  • 奥二重や狭い二重をはっきりとした二重にされたい方
  • 目を開けるときに感じる重たさを改善したい方
  • 二重のラインとまつ毛の間の皮膚のたるみ・しわが強い方
  • 加齢によるまぶたのたるみが気になる方

本来の二重の状態に近づける切開法

二重にしたいけれど、元に戻すことのできる埋没法が安心という方は多くいらっしゃいます。しかし、現在の瞼の状態とご希望の仕上がりによっては、切開法だからこそ実現できる二重もあります。その場合は、埋没法でできる二重と切開法でできる二重のイメージをご提案し、患者様のご希望に合わせて施術法を選択していただきます。それにより、術後の仕上がりとイメージの相違も少なくなりよりご希望の目元に近づけることができます。

本来の二重の状態に近づける切開法

切開法ならではの特長

1. 「皮膚のたるみ」「眼輪筋の重さ」「眼窩脂肪」の除去が可能。結果、目がより大きく。

幅広い二重をご希望の場合、瞼が分厚いと埋没法ではぼてっとした印象に見え、不自然な仕上がりになる可能性も。
アジア人は進化の過程で瞼に脂肪がつくようになり、これが目を開けにくくしてしまう要因となっていました。その他にも、皮膚のたるみや眼輪筋(目の周りの筋肉)の重さなども加わり、二重になりにくい目元になっている場合もあります。
診察でその症状が確認できた場合には、まぶたの厚さや筋肉、脂肪の量、たるみやくぼみの状態などによって、切開する長さや幅、切除する組織を調節しながら、よりきれいな二重に仕上げています。
切開法は余分な皮膚の除去など症状に応じた対処法が広いため、一重まぶたの原因をすべて解決することができます。結果、重たい目元がすっきりとした二重まぶたになり、目も大きく見えるようになります。

二重はなぜできる?

上まぶたの縁には、瞼板(けんばん)と呼ばれる組織があります。そしてこの瞼板には挙筋と呼ばれるまぶたを持ち上げて目を開けるための筋肉がついています。
二重の方はこの挙筋とまぶたの皮膚がくっついているために、まぶたを持ち上げる際に皮膚が引っ張られてラインが入り、これが二重となっているのです。生まれつき一重の人は挙筋腱膜とまぶたの皮膚がくっついていないため、目を開けても ラインが入りません。

二重のりで起きる目のかぶれ

最近では、二重のりの長期使用で目の周りがかぶれたり、皮膚が伸びてしわになったりしたため二重施術にしたいとご相談される方が増えています。
確かに二重のりは手軽ですが、不自然な二重に見えることもありますし、デリケートな目の周りにずっと使用していくことは衛生面の心配もあります。
二重施術を行えば、毎日のメイク時間の短縮になるだけでなく、かぶれや炎症の心配もなくなるというメリットがあります。

当院の仕上がりがキレイな理由

目は顔全体の印象を左右する重要なパーツで、ほんの1mm違うだけでも、見える印象が変わってきます。また、コンプレックスを抱えていてはお顔の印象にも影響します。当院では傷跡・仕上がり・施術時の不安に考慮し、安心して施術をお受けいただけるような体制を整えています。

お顔立ち・バランスを考えたデザイン

理想的でバランスの良い目元に

KOSHOクリニックではお顔立ち・バランス・まぶたの厚さや筋肉・脂肪の量・たるみやくぼみの状態などによって、最適な治療法をご提供します。
また、「少しだけイメージを変えたい」「しっかりと変化を出したい」などご希望に合わせたデザインが可能です。

術前・術後のしっかりとしたサポート

KOSHOクリニックでは手術前のカウンセリングや手術の技術、アフターケアには万全の体制をとっています。
具体的には術後の経過観察を定期的におこない、万が一不具合が生じた場合は1年間無料修正をおこなう保証制度を設けています。

カウンセリング

入念なカウンセリングとシミュレーション

カウンセリングと施術は同じドクターが担当。

痛くない・腫れにくい麻酔針・量

痛くない・腫れにくい麻酔針・量

注入時の痛みを和らげるため、極細針(33~34ゲージ)を使用。
ポンピング注入やゲートコントロール理論などのテクニックを用い、最少量の注入ながら、しっかりとした効果。そのため、施術直後の腫れが少ない。

正確で精密な治療を可能とするこだわりの医療器具

正確で精密な治療を可能とするこだわりの医療器具

医療器具も仕上がりを最上にするために一切妥協せず、極細ピンセットや持針器をはじめ、専用器具を用いておこなっております。

どちらがいいの?全切開と部分切開法

二重切開法には切開する範囲に応じて全切開法・部分切開法があります。どちらも料金は変わりませんので、症状やご希望の仕上がりに合わせて適切な手法をご提案いたします。ただし、脂肪のつき方や皮膚のたるみが強いまぶたへの部分切開法は、逆に傷口が目立つこともありますので、その場合は全切開をおすすめすることも。医師によるカウンセリングでは、そうした点もわかりやすくご説明いたします。

希望する二重のラインに沿って皮膚を切開していき、さらに余分な組織や眼輪筋などを切除し傷跡が目立たないようきれいに縫合することで、縫った部分が二重のラインとなります。部分切開法よりもさらにしっかりとした二重ラインをつけたい方には全切開法がおすすめです。

他院の修正手術にもお応えします

「他院で思い通りの二重にならなかった。」「修正したい。でも、また失敗したらどうしよう…。」
当院では、このような不安を抱えた患者様も安心して施術を受け、ご満足いただいています。諦める前にぜひ一度ご相談ください。

施術の流れ

STEP1デザイン
事前の入念なカウンセリングで患者様のご希望を伺います。シミュレーションを行い、仕上がりのラインをデザインしていきます。
STEP2麻酔
麻酔
局所麻酔を行います。
STEP3切開
デザインした二重のラインに沿って、皮膚を切開します。この際、皮膚下の不要な軟部組織や「眼輪筋」と呼ばれる筋肉の切除を行います。
瞼の脂肪が厚い方は一緒に取り除きすっきりとさせます(別途費用)。
STEP4筋膜と皮下組織の縫合
切開部より瞼板・挙筋腱膜と皮下組織をナイロン糸で縫合し、3~4箇所で固定を行います。
STEP5瞼板と皮下組織の縫合
最後に切開部の皮膚を縫合します。施術時間は両眼で約1時間です。

症例写真

COMING SOON

リスク・副作用・ダウンタイムについて

赤み・むくみ
1~2週間程度
洗顔
翌日から
メイク
患部以外は当日から
コンタクト
抜糸翌日から
リスク・副作用
術後の腫れ・痛み・内出血・左右差・後戻り・シスト形成・異物感・糸の露出・ドライアイ症状・眼瞼痙攣などの症状が起こる可能性
1週間後抜糸

【状況・状態によって個人差がございます】

抜糸後にチクチクした感じがある場合は、糸が残っている可能性がありますので、早めに当院医師の診察をお受けください。稀に傷口の炎症・感染が起こる場合があります。目頭・目尻の赤み痛みが持続する場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。炎症・感染の状態により、傷の盛り上がりや傷が残る可能性があります。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方
目元の手術をはじめ、脂肪吸引やフェイスリフトなどの手術は術後の腫れや内出血など、ダウンタイムが多少なりとも生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮するために、ご希望の方には内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬を処方しています。

当院の漢方薬処方について

※当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用がかかります。
※施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

よくあるご質問

理想の二重は幅広くパッチリ目ですが、一重で腫れぼったい目のため二重手術を考えています。
どんな手術がいいですか?
二重の手術には埋没法(切らない、糸で止める方法)と切開法(まぶたを切ってしっかりと二重にしたり、脂肪を取り除いたりする方法)があります。腫れも少なく、腫れている時期が短く済むのは埋没法ですが、腫れぼったいまぶたの場合には、いずれ二重ラインが取れてしまう場合があります。切開法は術後の腫れが長く続く手術ですので、休みが長く取れる時期に行うのがよいでしょう。
一重瞼で、つけまつげをしたら二重になるのですが、つけまつげをした時の二重幅で埋没法をしたら、二重の癖がつくことはあるのでしょうか?
あと、埋没法は数回しかできないとか、眼球を傷つけたり、糸が緩んだ時に糸が見えたりするとか、埋没法は一重に戻ってしまうと聞いたことがあるのですが、先のことを考えると、埋没法か切開法のどちらが良いか悩んでいます。
埋没法で癖がついてそのままずっと二重が維持できることもありますが、戻ってしまうこともあります。しかし、希望通りの二重でも将来的にラインを変えたくなるかもしれないので、不安があるようであれば初めて二重を作る場合には、埋没法がよいと思います。その後で切開法をされる方もいらっしゃいます。埋没法は数回までとは決まっていませんし、眼球を傷つけることもほぼありません。また、糸が緩んで後で見えるようになることはまれです。
二重全切開の手術を受けましたが、手術前より瞼が開けづらくなっている感じがします。どうしたらいいですか?
術後の腫れている時期は開けづらかったり、元より幅を広くすると開けづらいといった症状が出ることがあります。術後の腫れが強い場合、目を開ける筋肉、腱膜などを損傷することでも起こる可能性があります。
当院では他院施術の修正も行っておりますので、是非一度ご相談ください。
二重埋没法の手術を数年前に受けました。とても形が気に入っていたのですが、糸がゆるんできたのか二重がとれてきた気がします。一度とれてしまった場合は切開の方がいいのでしょうか?埋没法と同じ仕上がりになるでしょうか?切開法だと埋没法より不自然な形になるという話も聞き、少し不安です。
二重のラインが一度取れても、切開したくない場合は再度埋没法での手術でも大丈夫ですが、将来的に今回のように二重ラインがぼやけて薄くなってくる事が予想されるので、切開の傷跡ができることを理解され、ダウンタイムがとれるのであれば切開をされた方が良いでしょう。埋没法と同じラインで切開手術をしても、埋没法とほぼ同じ二重ラインになります。

料金・費用

二重切開法(全切開/部分切開法)

二重切開法(全切開/部分切開法)
片目 166,600円
両目 222,640円
眼窩脂肪の除去を行う場合 +66,000円
KOSHOクリニック外観
KOSHOクリニック
住 所: 〒662-0051 兵庫県西宮市羽衣町5-13
ワジュール夙川ビル1・2・3・6F
電 話: 0798-22-4466
受付時間:9:30~19:30
最寄駅: 阪急「夙川駅」から西へ徒歩3分
JR「さくら夙川駅」から北西へ徒歩8分
駐車場:提携パーキングあり
KOSHOクリニック 取扱いクジレットカード

● 各種クレジットカードがご利用頂けます。
● 業界最低金利医療ローンも提携しております。

予約
診療
診療時間 日祝
休診
9:30~19:00
(最終受付)
外来
診療
診療時間 日祝
休診
9:30~12:00
(最終受付)
×
16:30~18:00
(最終受付)

●当日予約もお電話にて承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

CONTACT
お問い合わせ

無料カウンセリング実施中!!
ご予約、ご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから
0798-22-4466
受付時間:9:30~19:30