プラセンタ注射・点滴

admin シワ・ほうれい線


プラセンタはヒトプラセンタ(胎盤)から有効成分を抽出した厚生労働省の認可をうけた医療品です。

主な作用

1.美白作用、シミ、しわ、たるみの改善
2.疲労回復、滋養強壮
3.肩こり、腰痛
4.発毛促進
5.更年期障害、不眠、うつ
6.アレルギー性鼻炎
7.肝機能障害の改善

副作用

まれに(3%未満)過敏症(発赤、痒掻感など)が現れる場合がありますが、時間と共に改善します。

 

施術料金

プラセンタ 筋肉注射
1アンプル1,200円
2アンプル1,800円

 

1アンプル
11回チケット12,000円
(1アンプル 1,090円)
22回チケット21,600円
(1アンプル 981円)

 

2アンプル
11回チケット18,000円
(1アンプル 818円)
22回チケット34,200円
(1アンプル 777円)
44回チケット61,500円
(1アンプル 698円)

 

プラセンタ つぼ注射
肩・腰など+1,000円

 

※プラセンタチケットに+1,000円でつぼ注射に変更していただけます。部位 肩・腰・首など・・・

※料金はすべて税抜表示になっております。

※カウンセラーによるカウンセリングは無料です。

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは、美肌を手に入れるために効果的であることから、美容業界で用いられている注射治療のことです。
プラセンタとは「胎盤」を指し、美容施術では主に馬や豚などの動物から抽出したものを利用しています。
成長因子を含んでいるプラセンタは、注射した部分の細胞を活性化させ、お肌のたるみやくすみを改善し、アンチエイジング効果をもたらします。
コラーゲンの生成促進や、血流促進にも役立つため、もっちりとハリとうるおいのあるお肌を手に入れることにつながります。
そのほかにも、シミやそばかすを目立たせなくしたり、乾燥したお肌にうるおいを与え肌荒れやたるみの予防をしたりと、美肌づくりのサポートを行ってくれます。
さらに自律神経失調症や、冷え性などの持病・体質改善、疲労回復のために使用されることもあり、多くのシーンで利用されている万能な施術です。
お肌のお悩みはもちろん、身体のことまで一人ひとりのお悩みのトータルな解決につながります。

プラセンタ注射の頻度

プラセンタ注射をおこなう頻度は、はじめのうちは週に2~3回が目安となります。
初期における効果の持続期間は2~3日程度ですが、繰り返し利用しながら自然治癒力を高めることで、少しずつ体質も変化し持続期間が長くなっていきます。
1~2か月経過し慣れてきたら、1~2週間に1度程度の頻度に変えましょう。
皮膚に直接有効成分を注射するため、サプリメントのように体内からアプローチする方法に比べれば効果は出やすいものの、やはり個人差が生じます。
高い効果を得るためには、クリニックへ定期的に通い長い目で少しずつ治療しましょう。
また最適な施術頻度は、目的によっても違います。
美容施術としてプラセンタ注射をおこなうのなら週2~3日が目安になりますが、疲労回復や体質改善を目的としている場合は週に1~2回の頻度でもいいかもしれません。
施術前にしっかりカウンセリングを行いますので、体調やコンディションも考慮して最適な施術頻度を決定しましょう。

プラセンタ注射の痛み

プラセンタ注射は大きく「皮下注射」、「筋肉注射」、「ツボ注射」の3種類に分類でき、それぞれに痛みの感じ方が異なります。
痛みが気になるのであれば、もっともスタンダードな皮下注射がおすすめです。
皮下注射は投薬量が少ないため、その分痛みを感じづらいのが特徴です。
さらに副作用が出にくい、費用面でも負担を抑えやすいなど、さまざまな魅力を兼ね備えています。
一方でどうしても効果の出方はゆるやかになるため、すぐに高い効果を実感したいときには筋肉注射やツボ注射も検討しましょう。
当院のプラセンタ注射では、細い針を使用したり、麻酔を利用したりと、痛みが気になりづらくなるような工夫が施されています。
副作用についてはどれも比較的出にくいとされていますが、稀に赤みや痛み、発熱などを引き起こす場合もあります。
もちろん、痛みの感じやすさや副作用の有無には個人差があり、注射する部分によっても変わりますが、不安な場合にはあらかじめご相談ください。