眼瞼下垂症の治療・ご相談はKOSHOクリニックにおまかせください。

KOSHOクリニックの眼瞼下垂治療

KOSHOクリニックの眼瞼下垂治療 美容外科医の当院だからこそ、これだけの特徴があります。
ココが違う①仕上がりの美しさ・繊細さに自信
ココが違う②麻酔ひとつにも差があります
ココが違う③他院修正もお気軽にご相談ください
ココが違う①
ココが違う①仕上がりの美しさ・繊細さに自信

仕上がりの美しさ・繊細さに自信

当院では目が開きやすくなるように改善するだけではなく、美容外科医である強みを活かし、左右差や顔と目のバランスといった美容的観点からも診察・施術を行い、患者様が希望される形の目もとへと近づけます。
なお、手術前のカウンセリング時に、仕上がりのシミュレーションも可能です。
ココが違う②
ココが違う②麻酔ひとつにも差があります

麻酔ひとつにも差があります

KOSHOクリニックでは、患者様に安心していただけるよう、手術時の麻酔についても配慮しています。
施術内容や患者様のご希望に応じ、クリーム型・点眼型・注射というように3種類の麻酔を使い分けております。
注射の場合では、高濃度の麻酔薬を極めて細い針にて注入することで、痛みがかなり軽減されるのが大きな特長です。さらに血管を傷つけるリスクが減るため、腫れが少なく、美しい仕上がりを実現しています。
ココが違う③
ココが違う③他院修正もお気軽にご相談ください

他院修正もお気軽にご相談ください

他院で目元の手術を行ったにも関わらず、当初のイメージと違う、納得がいかないということで来院される患者様も多くいらっしゃいます。そのようなお悩みをお持ちの方も、お気軽にご相談ください。
比較
木下孝昭院長

院長・医学博士 木下孝昭(きのした こうしょう)

人間の顔の中で、目元ほど周りの注目を集め、それゆえに多くの方がコンプレックスをお持ちの部位もないのではないでしょうか。
この「眼瞼下垂」という症状は加齢と共に発症することが多く、自覚は無くとも多くの方が「瞼の開けにくさ」「視野の狭さ」を感じられているのではと思われます。

KOSHOクリニックでは、外科的な手術として眼瞼下垂症の改善を図るにとどまらず、美容外科医として培ってきた経験と技術により「より見やすく、そして美しく」というコンセプトに基づき、施術に当たっています。

視野が拡がれば、暮らしが明るくなる。パッチリとした目には、周りからの印象が高まる。この「眼瞼下垂手術」を通して、多くの方々に充実した人生を歩んでいただきたい…ぜひ一度、ご相談にお越しください。

平成13年 愛知医科大学医学部医学科卒

平成13年~15年 姫路赤十字病院にて臨床研修医として西洋医学全般の基礎トレーニングを受ける。

平成15年~兵庫県立尼崎病院東洋医学研究所にて東洋医学の専門のトレーニングを受けつつ、京阪神間の複数の病院 クリニックでの外来、病棟管理、救急医療、在宅医療に携わり、一般内科、消化器内科、透析科、外科、整形外科、形成外科、皮膚科、麻酔科、美容外科、美容皮膚科の専門トレーニングを受ける。

平成21年6月 地域医療貢献のため、夙川にて KOSHO CLINIC開業。


・日本内科学会正会員

・日本東洋医学会正会員

・日本プライマリ・ケア連合学会正会員

・日本美容外科学会正会員

・日本美容皮膚科学会正会員

・日本美容外科医師会会員

・日本抗加齢医学会正会員

・日本禁煙学会会員

・日本医師会A会員

治療・ご相談はKOSHOクリニックにおまかせください。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
眼瞼下垂の治療に関するご相談・お問い合わせはこちら
Tel.0798-22-4466
ご予約・カウンセリングはこちら

PAGE TOP