眼瞼下垂症の治療・ご相談はKOSHOクリニックにおまかせください。

眼瞼下垂治療について

眼瞼下垂とは

ここの筋肉の緩みが原因

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、視力などには問題がなく、まぶたの皮膚のたるみなどによって上方向の視界が制限された状態を言います。筋肉そのものに障害があり目をうまく開けることができない眼瞼下垂を【先天性眼瞼下垂】と言います。筋肉には問題がなく、緩んでしまったり皮膚のたるみによって生じる眼瞼下垂を【後天性眼瞼下垂】と言います。先天性眼瞼下垂の場合は片側のみという場合が多く、後天性眼瞼下垂の場合は両側性が多く見られます。

診療方法はお選びいただけます。
メスで切らない自由診療

メスで切らない自由診療

メスで切らない自由診療

・目つきが変わらない
・二重など、より美しい目もとへ
・腫れが少なく、傷痕ができない
・短期間での治療が可能

切らずに当日の短時間だけで、若々しくスッキリした目もとに改善する技術があります。切らずに腫れも少なく痛みも少なく、安心してお受け頂けると思います。まずは是非一度どういった方法なのか気軽に相談にいらしてみてください。

【料金】 片目:73,300円(税別)
両目:146,600円(税別)

縫縮固定の保険診療

縫縮固定の保険診療

縫縮固定の保険診療

・ほとんどの場合で保険適用が可能
・重度の眼瞼下垂でも対応可能

綿密な計算によるデザインで、かつ局所麻酔を行いますので痛みが心配な方もご安心ください。
たるんできた余分な皮膚を切除し糸で細かく縫い寄せます。治療後は腫れが生じますが、数週間で徐々に落ち着きます。約5~10日で抜糸に一度だけ御来院頂きますが、何度も御来院頂かなくても良いよう配慮させて頂きます。
【料金】 片目:約22,000円(税別)
両目:44,000円(税別)
※3割負担の場合

眼瞼下垂治療の流れ

1.デザイン
それぞれの状態に合わせて切開部をデザインします。
次へ
2.麻酔
細い注射針による局所麻酔を行います。
次へ
3.切除
上まぶたの余っている皮膚を必要な分だけ切除します。そして、瞼を引き上げる筋肉も短くして腫れぼったい瞼の人は脂肪切除も同時に行います。
次へ
4.縫合
傷ができるだけ目立たなくなるように細い糸で縫合します。
次へ

施術時間と術後の経過

 縫縮固定の保険診療切らない自由診療
治療時間90分程度20分程度
治療後の通院約1週間後に抜糸術後経過で1度通院
麻酔局所麻酔局所麻酔
痛み・腫れ数週間(個人差あり)メスを使った治療に比べ軽微
メイク・洗顔 メイク 抜糸後翌日よりまぶたのメイク可2日後より可
洗顔 2・3日後よりまぶたを避けて可翌日より可
保険診療保険適応あり保険適応なし(自費診療)

他院修正術

他院修正術
総合病院の結果に不満足であった方でも当院で修正手術を受けられて喜ばれた方も多数いらっしゃいますので、お気軽に診察にいらして下さい。
治療・ご相談はKOSHOクリニックにおまかせください。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
眼瞼下垂の治療に関するご相談・お問い合わせはこちら
Tel.0798-22-4466
ご予約・カウンセリングはこちら

PAGE TOP