火傷(やけど)・熱傷

admin

治療説明

やけどをしてしまったとき、混乱から正しい対処法に迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。
やけどをしたときには、応急処置として速やかに冷やすことがもっとも大切です。
やけどをした部分には、すぐに流水を当てて冷やします。
足や腕など、衣服を身につけている部分にやけどを負ってしまったときは、衣服の上から流水をかけて、熱が引くのを待ちましょう。
このとき、肌を効率的に冷やしたいからと言って、無理に衣服を脱ごうとするのは辞めてください。
衣服を脱ぐときに、やけどした部分の皮膚が一緒にはがれてしまう可能性があります。
そのまま、熱が引いていくまで流水や氷を使って患部を冷やし続けます。
目安となる冷却時間は、5分から30分程度です。
症状に合わせて、痛みや熱、腫れが落ち着くまでしっかり冷やします。
やけどした箇所を動かさないよう安静にしながら、様子を見てください。
ある程度熱が落ち着いたら、速やかに医療機関を受診してください。
当院ではまず、医師による診察を行い、やけどの状態や大きさを確認します。
消毒を行った後、状態に合わせ、塗り薬、内服薬などを使った治療に移っていきます。
また、当院では古いやけど跡のご相談も承っています。
やけど跡は、すばやく適切な処置をしないと、熱が引いたあとも色素が沈着し色が残ってしまいます。
やけど跡の色素沈着は、薬による治療で薄くできる場合もありますので、お気軽にご相談ください。

 

治療のながれ

まずはどの程度のやけどなのか診察をし、消毒や軟膏の塗布をおこないます。
傷の状態によっては手術をおこなうこともあります。

 

アフターケア

施術当日、施術部分について、洗顔・入浴についてなど
  • やけどの患部はしばらくお湯や水などにさらさないようにしましょう。

 

よくある質問

  • やけどのあとも消せますか?
  • 程度にもよりますが、やけどや、やけど跡の治療も可能なこともありますのでご相談ください。
  • やけどの治療をしたらガーゼを貼りっ放しですか?
  • 治療後にガーゼを貼りっ放しにすることはありません。ガーゼをはがす際に、非常に痛みを伴うこととせっかく生成した皮膚まではがしてしまう恐れがあるからです。