漢方の歴史

admin

漢方の歴史と「薬」を知る

「漢方は中国の医学」と捉えている方が多くいますが、「漢方」は5世紀から6世紀以降に日本に伝わった中国医学を基礎とし、必要な部分を取捨選択して、日本で独自に発展してきた医学であり、日本で呼ばれている名称です。西洋医学が「蘭方」(蘭から伝わった)「洋方」(洋から伝わった)と呼ばれる事と同じです。
漢方薬は植物などの薬効を持つ部分を一定の法則のもと、複数組み合わせて作られた薬です。
何千年という長い年月をかけておこなわれた治療の経験によって、どの生薬を組み合わせるとどんな効果が得られるか、また有害な事象がないかなどが確かめられ、漢方処方として体系化されました。
現代の漢方薬も自然の恵みを利用して出来ている薬と言う基本的な部分は変わりません。その一方で、最新技術を駆使した「製剤」として、生薬の持つ薬効を引き出し、かつ服用・保存しやすい状態に加工されたものになっています。

漢方薬と民間薬の違い

健胃の効果があるとされる「センブリ」などは一種類の薬草からなりこれを民間薬といいます。
民間薬は昔から経験的に使われてきたものですが、効果については医学的な根拠がないものも多く存在します。
これに対して漢方薬は原則として2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたもので漢方医学に基づいて、用いる条件も細かく定められており、治療効果のある医薬品として正式に認められています。

漢方薬に副作用がないは間違い

漢方薬は「自然のお薬」だから副作用もなく安心と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし、漢方は治療効果のある医薬品です。
当クリニックでは患者様の病態と体質に合わせ、しっかりとした管理のもと処方しておりますので安心して服用いただけます。