イボ

admin

治療の説明

イボ、魚の目(うおのめ)は比較的多く、よくある皮膚の疾患です。
多発・再発しやすい病気ですが、レーザーで治療すると多くの場合一回で完治することができます。
手術の際、麻酔が必要になりますが手軽で通院回数も少なくて済む方法です。
また診察の結果、他の腫瘍の疑いがあるものにはメスで切除した方が良い場合もあります。

急に大きくなったり、内出血、痛みやかゆみといった症状を併発する場合もありますので何か気になる腫れ物ができたときは早めにご相談ください。

 

治療について

イボの状態や大きさにより次の三つの方法のなかから最適な方法で施術を行います。

炭酸ガス(CO2レーザー)※大きいものは縫合が必要な場合があります。

CO2 Laser Machine ESPRIT

炭酸ガスレーザーは、ほくろやイボの除去に効果を発揮するレーザーです。レーザーで組織を蒸散させることで、ホクロやイボなどを取り除きます。

【施術の流れ】
1.局所麻酔をします。
2.レーザーを照射します。除去後、鏡で確認して頂きます。

Sample

 

高周波メスで切除

盛り上がったイボの除去に使用します。表面を焼却するだけできれいになります。

【施術の流れ】
1.局所麻酔をします。
2.高周波メスでイボを蒸散させます。

Sample

 

液体窒素

クライオプロ

主にウイルス性のイボの治療に用いる場合が多く、患部を低温火傷の状態にさせウイルスを死滅させていき新しい皮膚の再生を促すというものです。
※ 綿棒を使った圧抵法が一般的ですが、当院ではクライオサージ(液体窒素をスプレーする道具)を使ったスプレー法を取り入れておりますので、患部により限局して液体窒素を効率的に噴霧することが可能です。

(治療が終わるまで間を空け通院いただく必要があります。)

 

アフターケア

炭酸ガス・高周波メス

当日より入浴、洗顔、お化粧ができますが、患部を刺激しない様に行って下さい。
3日~1週間でかさぶたになりますが、無理に剥がしますと色素沈着の原因になりますので無理に剥がさないで下さい。
かさぶたが剥がれた後の赤みや凹みは次第に目立たなくなります。治療後日焼けをしますと、再発する可能性がありますので、日焼けをしないようにご注意ください。必要に応じ、ハイドロキノンクリームをご使用下さい。
お化粧をされる際には、軟膏を薄く塗った上にテープを貼り、その上からファンデーションを塗ることはできます。
レーザー照射後の色素沈着(赤み)が2~6ヶ月続く事がありますが徐々に薄くなっていきます。ホクロを取った後はニキビ痕のような小さな傷跡になります。傷跡はしばらく赤くなる人がいますが、数ヶ月以内に赤みは消えます。

 

液体窒素

患部が水ぶくれになることがありますが治っていく経過のもので心配はありません。
水ぶくれを破ったりしないよう注意してください。