肥満外来(メタボリック症候群) 【大阪・神戸の美容皮膚科・美容整形外科ならKOSHOクリニック】
お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 禁煙外来 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。 求人情報

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

肥満外来(メタボリック症候群)

メタボリック症候群とは?

メタボリック症候群とは、「メタボリックシンドローム」と言い、動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群をさしています。
過食や運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、・高血圧症・高脂血症(コレステロールやトリグリセリドの高値)・糖尿病(インスリン抵抗性)など複数の生活習慣病を合併した状態の事で、もっとも注意すべきなのが、高尿酸血症も合併しやすくなる危険性を孕んだ状態の事を指します。

 

メタボリックシンドロームとは?

 

では、一体どの程度がメタボリックシンドロームに値するのか。

日本におけるメタボリックシンドロームの本診断基準では、必須項目となる内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、その中で 、
①血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
②血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)
—の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。

 

※2005年4月発表
・日本肥満学会・日本動脈硬化学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会
・日本内科学会・日本血栓止血学会・日本循環器学会・日本腎臓病学会

 

メタボリックシンドロームの診断基準

 

メタボリック症候群の予防と対策

<メタボリック症候群の原因>

遺伝、食べ過ぎ、運動不足などがあげられます。
また、メタボリック症候群は不適切な生活習慣が原因で起こる生活習慣病の一つといわれています。特に男性の中高年の肥満は、近年きゅうげげきな増加傾向にあります。
その原因には食生活の変化があげられます。日本人の食生活をみると、摂取エネルギーに変化はありませんが、脂肪の割合、アルコールの割合が増加しているのです。
また、メタボリック症候群は男性は女性に比べて5倍といわれています。この原因は、男性ホルモンは内臓脂肪をためやすく、男性は早食い、高脂肪や高カロリーのものを好み、食べ過ぎてしまう、という傾向があることが報告されています。

 

<メタボリック症候群の対策>

KOSHOクリニックでは、ダイエット薬や漢方、ドクターのサポートのもと無理なく改善していけるドクターズダイエットをはじめ、各種痩身メニューをご用意しております。肥満遺伝子検査や皮下脂肪測定(BFI)を行い、一人ひとりに適した治療内容をご提案させていただきます。
「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症」などが疑われる人、診断されている人は早めに受診して治療を始めましょう。

 

適度な運動やバランスのよい食事で肥満を改善すべく体重・脂肪の減少を目指しましょう。

セルフケアとして、生活習慣の見直しも必要です。適度な運動やバランスのよい食事で肥満を改善すべく体重・脂肪の減少を目指しましょう。
メタボリックシンドロームの改善は、高血圧症・糖尿病・脂質異常症など、生活習慣病の対策にもつながります。セルフケアで思うような効果が出なかった方や限界を感じられている方へも、一度受診をお勧めしております。

 

KOSHOクリニックのダイエットメニューと検査

 

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは