皮膚腫瘍 【大阪・神戸の美容皮膚科・美容整形外科ならKOSHOクリニック】
お問合せはこちらから 西宮Walker掲載 院長TV出演 当院院長が取材を受けました。 ananに掲載されました ウルトラフォーマー + インディバ 太りにくい体質に! 読売新聞掲載!医師が教える美・健康ナビ KOSHO TIMES ニキビ治療 アトピー性皮膚炎 禁煙外来 ケーラボ ENVIRONメンバーズサイトお申し込みフォーム メンバー様専用ページ  エンビロン メンバーズサイトは会員様専用ページとなります。当院にてカウンセリングと入会登録をされた会員様のみご利用することができます。 求人情報

まずはお気軽にお電話0798-22-4466またはご相談フォームよりお問合せください。
ご相談フォームはこちら

皮膚腫瘍

治療説明

高周波メスやメスで切除や縫合をおこないます。
切除の後、病理検査をおこない、できものの種類や良性なのか悪性なのかを調べます。良性の腫瘍でも、局所再発を繰り返すこともありますので切除しておきましょう。

 

治療のながれ

1麻酔

局部麻酔を行います。

 

2手術

必要最小限の範囲で切開をして、目立たないように皮膚割線という将来しわになるラインを意識しながら切開します。そして縫合します。美容外科で使用される極細の糸で目立たないように縫合します。

 

アフターケア

抜糸は7日目に行います。
傷は防水テープで保護をおこないますので、傷の状態によっては入浴(シャワー)も当日より可能です。
手術後の赤みは3ヶ月程度発症しやすいので、この間は紫外線対策をしっかりとおこなっていただきます。

 

よくある質問

  • 手術は痛みますか?
  • 局部麻酔を行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。
  • 悪性腫瘍だと判断されたらどうなりますか?
  • 悪性腫瘍だった場合には集学的治療が受けられる病院での治療になりますので、専門医療機関をご紹介させていただきます。

 

当クリニックでは、西洋医学を中心とした急性期や慢性期の病気に対する検査・治療や東洋医学を中心とした治療(漢方・鍼灸)を行っております。 診断に必要な検査機器も充実しており、心電計、超音波(エコー) 、エックス線撮影装置、血圧脈波装置(血管年齢検査)、内視鏡(胃カメラ)、整形外科領域での骨密度測定装置(DEXA法) などを用いて検査を行うことが可能です。

一般診療機器お問合せは